薬で楽になろう

躁鬱病の薬とは

虫眼鏡を使う女性

躁鬱病の治療に有効と言われている薬の一つが、リチウムです。神経細胞の生成や保護の働きがあるミネラルの一種です。自殺率を減少させる効果があるため、最悪の事態を防ぎます。躁と鬱の両方に効果が期待出来ます。

» 詳細を確認する

再発を防止する薬

本をめくる女性

躁鬱病を治療する上で、再発を予防するという観点は非常に重要になります。服薬治療を行う際にも、再発を防止できる薬を服用しましょう。副作用の可能性がある薬もあるので、主治医に相談して用法用量の指導を受けましょう。

» 詳細を確認する

検査に行く際には

手のひらの錠剤

感情面などで少しでも変だなと感じたら、精神科へ行きましょう。行く際には、身近な人と一緒だと安心します。躁鬱病は自覚症状が無いため、診断してもらわなければ気付くことができません。薬で早く治療を始めることで、改善できます。

» 詳細を確認する

躁鬱病とは

頭を抱える女性

躁鬱病に有効な薬とは

慢性的に精神が安定せず、大きな苦痛を感じ日常生活に影響を与える疾患のことを気分障害と言います。見に症状が見えず、本人も自覚しづらいという特徴があります。周囲との関係づくりに支障をきたし、自分に自信が持てなくなってしまいます。気分障害として代表的なのが、鬱病です。鬱病は、気分が落ち込んで物事に取り組む意欲が減退してしまうという特徴があります。それによって、仕事や学校などの社会生活に參加できなくなってしまうことがあります。不眠症といった症状を併発する事も多く、身体的な機能にも悪影響を与えます。漠然とした不安感に精神を蝕まれ、自殺に至るというようなこともあります。日本人に多い精神疾患が鬱病です。

どんな病院に行けば良いのか

鬱病の対極にある気分障害が、躁病です。気分が高揚する躁状態が慢性的に続くという症状があります。経度の躁状態が続く分には、仕事などへの意欲が向上し、周囲に活気を与えるなどの好影響を与えます。しかし、症状が進行すると支離滅裂な言動が多くなり周囲を困惑させてしまいます。このような躁状態と、鬱状態が長期間にわたって交互に繰り返される事を躁鬱病と言います。ドイツの精神医学者であるクリペリンが概念化して浸透した精神疾患です。現在では、両極端な環状が出るということで双極性障害とも言われています。精神科にて検査、服薬治療などを行なうことによって症状を改善することが出来ます。情緒を安定させて、周囲との関係を良好にしましょう。

躁鬱病とは、気分がハイになる躁状態と、気分が沈む鬱状態を交互に繰り返す精神疾患のことです。躁状態のときは、自分が偉くなったように感じ、大きな行動をとりがちです。異常なほど高額の買い物をしたり、あり得ない商売に投資をしようとしたり、周囲が思いもしない行動に走ります。一方鬱状態は、気分が沈み何もやる気になりません。このように本人も看病する周囲の人間も大変な躁鬱病ですが、治療する薬は様々なものが出てきています。一般的な治療法は気分安定薬による維持療法です。気分安定薬によって気分の浮き沈みがおさえられ、躁鬱病が改善していきます。副作用があったり、多く摂取すると中毒症状が引き起こされる薬もあるので、医師の指示に従って服用する必要があります。

それでは躁鬱病の治療を受けるためには、どのような病院に行けば良いのでしょうか。まず、精神科、心療内科といった看板を掲げる病院に行きましょう。心療内科は内科に属し、主にストレスなどが原因で身体症状が現れる「心身症」を対象としているところです。身体症状のある患者に対し、一般の内科と同じような治療をしながら、心理的な面にもアプローチしてくるという特徴があります。精神科に行くことに抵抗を感じている方は、心療内科から受診してみるのも良いかもしれません。一方、精神科は身体症状ではなく精神症状を対象にしています。不安、鬱状態、イライラなどの精神症状のみが現れている方は最初から精神科を受診すると良いでしょう。

ギャラリー