水面

検査に行く際には

手のひらの錠剤

躁鬱病は、精神の病気ですので分かりやすい体調不良や、身体的異常が見られません。そのため、自覚せずに服薬治療を始められないという人も多くいます。気分の落ち込や異常な高揚で、苦痛を感じていても我慢をし続けてしまいます。少しでもおかしいなという兆しが見られたら、精神科で検査を受ける必要があります。自分だけでなく、周囲にいる人が躁鬱病を抱えている場合もあります。そのような場合は、検査をすすめて服薬治療を始める方向に促すということも大切です。

躁鬱病の症状を正確に把握することで、的確な治療方法を決めることが出来ます。どのような薬を、どれ位の量処方するかなどの重要な判断材料となります。より精度の高い情報を主治医に提供するために、普段から一緒に過ごしている親しい人物と一緒に病院へ行くと良いでしょう。自分で自分の事は分からないということも多くあります。近い距離で、普段から自分の事をよく見ている人物と一緒に検査に行くことで、治療に必要な情報をより多く主治医に伝えることが出来ます。一緒に住んでいる家族がいる場合は、家族が良いでしょう。躁鬱病は育ってきた環境や、その人の性格も大きく影響しています。患者が小さい頃から知っていて、性格も熟知している家族が最も適切です。一人暮らしで家族が遠方に住んでいる場合は、職場の同僚や上司でも良いでしょう。職場のストレスなども大きな原因となります。また、症状を職場の人に理解してもらうことで、働きやすくなります。正確な情報で、自分の症状に適切な薬を処方してもらいましょう。