水面

躁鬱病の薬とは

虫眼鏡を使う女性

躁鬱病を治療するために

躁鬱病を治療する際に、服薬治療が行われる事があります。鬱と躁、両方の症状を和らげる必要がありますので、鬱病の薬として代表的な、パキシル、ルボックス、セロトニン、トレドミンといったものは、鬱病には効果が見られますが躁鬱病には効果が見られません。また、このような薬は、急に服用をやめると、気分がイライラするといった離脱症状を引き起こすことがあるので、リスクが有ります。躁鬱に効果があるという成分を摂取するという薬が多くあります。リチウムを摂取することでも症状の改善が見られます。リチウムは、ミネラルの一種で硬度が高いミネラルウォーターなどによく含まれています。

適切な治療を受けること

リチウムは、歴史が長く古くから精神疾患、気分障害の治療薬として服用されていました。躁状態、鬱状態両方に効果があるため、躁鬱病に効果が期待出来ます。最もスタンダードな躁鬱病の治療薬と言っても過言ではありません。鬱症状が深刻な場合は、患者が自殺して死亡するという最悪な事態になることがあります。リチウムには、自殺を予防するという効果があり、鬱病、躁鬱病による脂肪の確率を低下させる効果が認められています。リチウムは、神経細胞を新たに生成するという効果があります。また、神経細胞を保護するという効果があります。情報を伝える情報伝達系の働きを促進することで効果を発揮します。用法用量に関して、医師と相談しながら服用することで、副作用などのリスクを軽減しながら治療に取り組むことが出来ます。

ストレスの多い現代では、うつ病や躁鬱病に悩まされている人の数も、増加傾向にあります。 躁鬱病とは、憂鬱でなにもやる気になれないという無気力な状態のうつ状態と、ハイテンションになり、気分が良くなる躁状態を繰り返す病気です。 誰にでも気分の波はあるものですが、躁鬱病の場合にはその波が両極端になっているのです。 躁鬱病を治療するためには、専門知識を持った医師に相談し、自分の症状に合う薬を処方してもらう必要があります。 薬で症状を改善していく薬物療法の他にも、医師からのカウンセリングを受けるなどの精神療法があります。 どちらの方法も、症状を改善していくため欠かせない、大切な方法です。 躁鬱病は一人で悩まず、医師に相談することが大切なのです。

躁鬱病は、薬で完治することができる病気です。 症状を改善していくためには、専門知識を持った医師に相談し、適切な治療を受けることが大事なのですが、躁鬱病の場合は自覚症状を感じることがとても難しいのです。 憂鬱になり、無気力になってしまう鬱状態の時には、多くの人が自覚症状を感じるという傾向があります。 反対に、気分が良くなり、ハイテンションになるという躁状態の場合には「体の調子が良くなった、うつが治った」という誤った認識をされる事が多いのです。 鬱病とは異なる病気ですので、改善していく方法も違います。 専門知識を持つ医師に判断してもらうことで、自分の体の状態を知ることができ、適切な治療を受けることができます。 病院に通院することは、自分の状態を把握するためだけではなく、適切な治療法を受けるためにも大切なのです。